タグ:2012年版 出る順行政書士 合格基本書 ( 6 ) タグの人気記事

親族法

音声講義が親族法に入りました。

民法ってのは人とのトラブルの歴史のような気がしています。
そういう意味では家族ってのはある意味トラブルが多いのかもしれませんね。

今日は民法⑰の前半を聞きました。

少し驚いた条文がありました。
第730条(親族間の扶け合い)
直系血族及び同居の親族は、互いに扶け合わなければならない。


助けるでもなく、援けるでもなく、扶けるのです。
これで、家族法は全部解決!みたいな条文ですね。

明日は、民法⑰の後半を聴講します。
--------------------------------------------------
本日学習内容  :行政書士試験白熱講義 民法⑰前半聴講
本日学習時間  :  3h
累計学習時間  :105h
--------------------------------------------------

平成25年度行政書士試験まであと205日

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-04-18 00:38 | 行政書士試験

債権聴講済み(いちお

民法の債権まで聴講終わりました。
724条までですね。

憲法8+民法16=24講義。
1講義2hなので48hは聴講したことになります。
今現在、学習時間の半分を聴講に充てているってことですね。

民法については、実はもう一度聞き直したい気持ちで一杯なのですが、どこで時間を確保したものか。
もう4月も中旬で、GWが近づいてきた感じ。
連休はたぶんないけど、ひとり合宿でもするかな。

これから少し過去問やって寝ます。
--------------------------------------------------
本日学習内容  :行政書士白熱講義 民法⑯聴講
本日学習時間  :  3h
累計学習時間  : 99h
--------------------------------------------------

平成25年度行政書士試験まであと208日

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-04-16 00:20 | 行政書士試験

ペース上がらず。。。

重なる時はいろいろ重なるということで。

仕事とプライベートに予定外(どことなく想定内)の事象が発生したため学習時間確保ができず。

細切れの時間に過去問を流しても、気忙しいとなかなか身になった実感がなかったりします。
学生時代なら効率の悪さを理由に止めてしまいそうな状況ではありますが、年々劣化する愛しい脳みそ君のことを考えると手を緩めるわけにもいかず。

気がついてみたら民法配信が@2回となりました。
え?って感じです。
全体の形がぼんやり見えた状態では試験には太刀打ちできないでしょうね。
一歩ずつ進むしかありませんが、当初目標に自分を持っていけるかどうかまだ見えずといった感じです。

当初目標は
・願書提出時には、合格が実感できる問題の解答ができること。
です。
これがどうもままならない。ガチで得点の集計はしていませんが、過去問レベルで学習済みのところがまだ5割正解できていない感じです。
過去問の肢の主旨を理解し、正確に解答できるものがまだ不足しています。

願書提出時は目標点数を決めるつもりですが、どうなるのでしょうか。。。
--------------------------------------------------
本日学習内容  :行政書士白熱講義⑮⑯聴講
本日学習時間  :  4h
累計学習時間  : 96h
--------------------------------------------------

平成25年度行政書士試験まであと209日

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-04-14 23:11 | 行政書士試験

憲法人権2節~3節復習

基本書の再チェックと一問一答(過去問)を中心に学習を進めました。

とにかく
ことごとく
ひっかかるorz

元々しっかり定着していない上に期間が経過してるのでこんな結果となります。

これじゃあ民法が思いやられるなぁ。

今日引っかかったのは賠償と補償の違い。

○賠償
第17条(国及び公共団体の賠償責任)
何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

○補償
第29条(財産権)
3 私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。
第40条(刑事補償) 
何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる。

賠償は17条のみと記憶したら、またいつか間違えるんだろうなぁ。
--------------------------------------------------
本日学習内容  :憲法③④復習
本日学習時間  :  3h
累計学習時間  : 88h
--------------------------------------------------

平成25年度行政書士試験まであと216日

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-04-09 01:45 | 行政書士試験

民法⑭

今日は白熱講義の聴講中心に。
民法537条から570条を。

今日はこれを暗記

第551条(贈与者の担保責任)但書
贈与者がその瑕疵又は不存在を知りながら受贈者に告げなかったときは、この限りでない。
↓これを以下に変更して暗記↓
贈与者がその瑕疵又は不存在を知りながら受贈者に告げなかったときは、担保責任を負う

句読点を入れて41文字です。

解除や贈与、売買と進みました。
いろんな絡みが増えてきて簡単に混乱できます。

明日は過去問からインプットを再考します。
--------------------------------------------------
本日学習内容  :行政書士白熱講義民法⑭聴講
本日学習時間  :  6h
累計学習時間  : 85h
--------------------------------------------------

平成25年度行政書士試験まであと218日

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-04-07 01:03 | 行政書士試験

同時履行の抗弁権の成立要件

昨日は睡魔に負けて学習記録が殆ど残せなかった。

改めて。

債権総論が終わり(というより通り過ぎて)債権各論に入りました。
キーワードは契約、同時履行の抗弁権、危険負担といったところでしょうか。

身体以上に硬くなった脳みそでは一度にたくさんのものを留めることができないためポイントだけ。

○典型契約の種類と性質
I'll be back!

○同時履行の抗弁権の成立要件
①一個の双務契約から生じた対立する債務が存在すること
②双方の債務がともに弁済期にあること
③相手方が自己の債権の履行またはその提供をしないで他方の債務の履行を請求してきたこと

一部相殺の要件とキーワードが似ている。

○同時履行の抗弁権の効果
まだまとめてない。。。

○同時履行の抗弁権の533条の類推適用
宅建でやった。

○危険負担
債務者の帰責事由がないとき⇒危険負担
債務者の帰責事由があるとき⇒債務不履行
(↑基本だけど一問一答でひっかかった。)

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-04-05 12:43 | 行政書士試験