<   2013年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

法学検定試験問題集

行政書士白熱演習2013(仮称?)で使用する問題集を注文しました。

2013年法学検定試験問題集 スタンダード〈中級〉コース 法学検定試験委員会 (編集)

今までの問題集購入は少し無計画だったなぁ。
投資金額もそうだけど全部こなせるのだろうか??
頁数は900P!

そろそろ学習ツールの置き場所に困り始めているかもしれません。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-03-28 12:59 | 行政書士試験

宅地建物取引主任者証

宅地建物取引主任者証が届きました。

去年の10月20日の試験から
①合格証送付
②実務講習
③主任者登録
④主任者証交付
と結構早目に手を打ってきて今日でした。

転職などで取得された方にとってはこの5ヶ月は長いでしょうね。

かかった費用は記憶では
①基本書(3,500)
②過去問(5,000)
③模試(3,000)
④受験料(7,000)
⑤主任者登録(37,000)
⑥主任者証交付(5,300)
⑦交通費やら身分証明書など(2,200)
合計(63,000)
(不正確かも)

なんだかんだでそれなりにかかりましたね。
試験合格だけならば2万円程度で取得できそうです。
ネットでしっかり勉強できる方ならばさらに少なくても行けそうです。

More
[PR]
by jabali | 2013-03-28 03:00 | 宅地建物取引主任者試験

民法10(前半)

年度末の納品に追われています。
昨日は、退社が遅かった上に帰宅したらサッカーがやっていて、つい見入ってしまった。

受験生の自覚が足らないですね!

実は全くしないのも何だったので、憲法の過去問(本試験)を数問解いてみました。
正直言って愕然としました。

・設問の主旨が正確に理解できない。
・最後の2つまで追い込めても取り逃がす。

まぁ散々でした。。。

インプットがある程度完了して、一問一答もそれなりに解答しているのに正解にたどり着けない事実。
出題者からみたら、延学習時間100hにも満たない初学者にスラスラ解答されても主旨に反するでしょう。

感じたことは、過去問について
・出題の骨子をはっきり理解する。
・どこが正しく、どこが間違っていたのかを明確にする。
・曖昧な点を基本書で再確認する。
・条文とレジュメを確認し、問題を再考する。
ことが必要ですね。

やっと、1クールでやることが見えてきた感じです。
今週末で白熱講義も配信に追いつきそうなので、今まで駆け足で荒削りの部分の精度を上げたいものです。

7月末までには過去問の攻略までを完了させないと、8月からの試験リスク対策(実践力)に間に合わない感じがします。

4月からのスケジュールを週末には組み立てられそうです。
--------------------------------------------------
本日学習内容  :行政書士白熱講義民法10(前)聴講
本日学習時間  :  2h
累計学習時間  : 67h
--------------------------------------------------

平成25年度行政書士試験まであと228日

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-03-28 01:53 | 行政書士試験

民法9

民法9の聴講が終わりました。

これで物権まで通過したことになります。
そろそろ過去問に着手した方がいいとのことなので、
過去問一問一答式の民法総則をやってみました。

結論からいうと、初回にしてはいい感じで解答できました。
まぁ錯覚かもしれません。

入門編にしても過去問集にしても言えることなのですが、何故か問題数などの情報が記載されていません。
独学で学習計画を立てる上で量の把握は大事だと思っています。
購入のときは、問題に対する解説の内容が気に入って購入したのですが、正直なところ1冊が完了するまでの目安時間が見当もつきません。
もちろん、数時間かけて数えればいいのかもしれませんが、そんな時間があるのなら一つでも多くの問題をこなしたほうがいいはずです。

あまり細かく考えることはないのですかね?(笑)

宅建受験のときは1問を2分で解くタイムトライアルを重ねていました。
実は試験会場に時計くらいはあるだろうと思って時計を持参しなかったのですが、会場に時計がなく正直慌てました。
解答を導き出すための手順と時間は大切な要素なのだと思います。

まぁ過去問集一問一答は843ページあり、見開きで5問以上はあると思うので2000問以上はありそうです。
1つの肢を20秒で解いたとしても、解答するだけで11時間強。
いずれは仕上げないといけないので、これも作戦を練る必要がありそうです。
--------------------------------------------------
本日学習内容  :行政書士白熱講義民法9聴講。
本日学習時間  :  3h
累計学習時間  : 65h
--------------------------------------------------

平成25年度行政書士試験まであと230日

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-03-26 01:43 | 行政書士試験

FRIXION BALL

2日程飲み事が続き、今日も休日出勤で時間稼げず。

細切れ時間で「行政書士試験頭」を1日1回は作っていますが、腰を据えて学習する時間が不足しています。

さっき、やっと基本書+六法をしっかりした机の上に置き、いろいろ書き込みながらの学習ができました。

今試行錯誤している学習方法が「基本書をノートにしてしまう」という方法。
基本書の余白部分にメモを追記したり、関連するページ番号を加えたり、線を引いたりして情報を一元化しようとしています。
まぁ細かい使い方は流動的というか思いつきで進めているのですが、下線などは多すぎるとターゲットがブレて逆にうるさくなってしまうというデメリットがありました。

例えば民法32条
...家庭裁判所は、本人又は利害関係人の請求により失踪の宣告を取り消さなければならない。

最初は「取消」だけ線を引いてたら、誰が取り消すのかといった設問に対応できず。
次は請求可能は誰かといった設問に対応できず。
最後は、取り消すことができるのか、取り消さなければならないのかが曖昧で。
結局
...家庭裁判所は、本人又は利害関係人の請求により失踪の宣告を取り消さなければならない

これでは丸暗記?って感じです。

実は覚えたいポイントは少しずつ変わってきているので、すでに覚えた情報の下線ってのがうるさく感じるのですよね。

で入手したのがFRIXION BALL です。
消せるボールペンですね。
カードのポイントが少し残っていたのでポイントで10色GETしました。
このうち何色使うかは未知の世界です。

基本書からの転記作業などを極力排除して、短時間で現在の課題を確認できるものになればいいなと思っています。

今日はビジネスホテル泊。

明日は夜まで熊本仕事して福岡に戻ります。
--------------------------------------------------
本日学習内容  :一問一答(入門)(民法・物権)
本日学習時間  :  3h
累計学習時間  : 62h
--------------------------------------------------

平成25年度行政書士試験まであと232日

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-03-24 01:49 | 行政書士試験

一問一答(民法総則)

長崎まで列車で移動中です。

入門編一問一答の民法に挑戦しました。
○×の判定より解答根拠が解説と一致しているか確認しながら進めました。
○と解答してそれが正解でも解答根拠が間違っているものがちょこちょこありました。

あと体力がいりますね。
考える学習が不足していて慣れていないため疲れを感じました。
音声講義は一時間で一度休憩を挟んでいるので連続して考え続ける体力がついてないです。

やるしかないですね。


にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-03-21 11:03 | 行政書士試験

抵当権

白熱講義によるインプット(1巡目?)は物権が終盤。

怒涛の担保物件です。
今朝起きたときの勢いは民法7~9までを聴講し、一旦表面のスケジュールは遅れの取戻しをするつもりだったのですが。
結果は民法9に至らず。

担保物件は宅建では得点源にしていた部分だったのですが歯が立ちません。
顧みると、果たして本当に得点源だったのか?
たまたま解法のパターンを認識して何となく得点していたのだと気付きました。
成立要件が全く言えなかったり、いくつかのパターン解説で説明自体がイメージできなかったり。
分かりやすい説明であることは理解できるのですが、自分自身が内容理解に届いていないことだけはわかりました。

憲法は入門一問一答が一通り終わったので、過去問一問一答にシフトしたいと思います。
さらっと解いてみましたが、何となく解答できるものですね。
憲法は地味に精度を上げていきたいと思います。

来週で今月もおしまい。
そろそろ今月の成果が気になるところです。
当初できると軽く考えてた学習時間100h/月確保は絶望的ですし。
5月の連休に一人合宿でもしようかなぁ。
と思って手帳をみたら、今度のGWは休みが地味だなぁ。

今月試行錯誤でムダが多い学習内容でしたが、定型的な学習パターンが見つかりそうな感じもしています。
来月は、その学習パターンで学習量を上げることを目標とするならば、月内は最低でもそのパターンのサンプリングですね。
今月どこかでやります。

学習のノリが悪いとき現実逃避で靴磨きをしていました。
そしたらなんか靴がピカピカになってしまった(笑
気分良く今日が終わりそうです。
--------------------------------------------------
本日学習内容  :行政書士白熱講義民法⑦⑧聴講
本日学習時間  :  6h
累計学習時間  : 59h
--------------------------------------------------

平成25年度行政書士試験まであと235日

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-03-21 00:41 | 行政書士試験

民法6

振り返るのが怖くなってきた。

自分の理解度とは関係なく講義は進みます(笑
物権も占有権、所有権と大事なところをやっています。

大事??

昔親から、「今が大事な時期なのだから」と節目でよく言われました。
結論から言うといつでも大事なんですよね。

もう言われなくなって久しいですが、相変わらず「今が大事な時期です」

実は民法が6まで終わり、音声講義を12h聴いたことになります。
ただし、進捗を進めることを優先するあまり、民法全てがかなり曖昧です。

12h講義のリカバリーにはノロマな私は36h以上は必要でしょう。
実は民法⑥まで来たものの、何もしてないのと同じではないのだろうか?
といった不安さえ感じます。
実際まだ民法については基本的な学習サイクルが決まっていません。
音声講義だけです。

入門一問一答は細切れ時間で憲法を繰り返しているため、理解度を計ることができますが、民法は一問一答をしていないので「わからないところがわからない」という混沌とした状態が続いています。

どうするか?
一問一答で漏れを探すしかないですね。

とりあえず明日は音声講義を進められるところまで進めたいと思います。
早ければ来週。遅くても来月には入門一問一答に着手したいものです。
--------------------------------------------------
本日学習内容  :行政書士白熱講義民法⑥聴講
本日学習時間  :  2h
累計学習時間  : 53h
--------------------------------------------------

平成25年度行政書士試験まであと236日

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-03-20 03:20 | 行政書士試験

即時取得の成立要件

昨日は帰宅後、民法⑥の前半を聞いている途中に居眠りしてしまいました。

週末は休日返上で納品物の最終確認もあるので学習時間数稼ぎができません。
ただ、肌荒れが酷くなりかけているのでゆっくり湯船にでも浸かりながら寝ることにしました。

単純なもので、3h多く眠っただけで肌荒れはほぼ解消されました。
今日明日は少し詰めてやりたいところです。

昨日朦朧としているときに重要なことが。

即時取得の成立要件。
①目的物が動産であること
②前主が無権利者であること
③有効な取引行為が存在すること
④取得者が平穏、公然、善意無過失であること
⑤取得者が占有を取得すること


白熱講義のレジュメではも少し詳しく書いていますが。

2011年の問29にも出題されているようですし、記述問題のことも考えるとこのあたりは押さえないといけなさそうです。

と気付いて振り返ると、結構「成立要件」の項目がチェックできていない。
記憶しているには程遠い。。。

一回通っただけで民法の森がクリアできるとは思ってはいないですが、中々漏れが多いですね。

ここで戻ると、先に進まなくなるので、マップ全体の大きさの把握と出現モンスターの強さを大体押さえるために先に進むこととします。(最近RPGしていないな)
ただし、「成立要件」はキーワードとして暗記カードに列挙していく予定です。

即時取得の成立要件に戻りますと。
少し一般的に考えづらい原則ですね。
即時取得の成立要件を満たしたときは、本来の所有者は取得者に引渡し請求ができないとあります。

私Aが友達Bに本を貸したら、Bが善意無過失の第三者Cに本を売ってしまった。
AはCに本を返して貰えない。
そんな趣旨のものだと考えています。(BとケンカしてもCとはケンカするなということでしょう)

もちろんBにはそれなりの請求権はあるんでしょうけど。
ただ常識で考えたら貸したものを売ってしまうBに損害賠償請求しても取れるとは思えません。

こんな感覚と、曖昧な成立要件の記憶は出題者にとっては「未熟者イジメ」のいいネタとなるのでしょう。

まぁこんなこと考えている間に1つでも多く覚えたほうがいいんでしょうけどね。

これから少し憲法確認でもします。


にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-03-19 12:37 | 行政書士試験

政府と内閣

昼休みに一問一答(入門編)をやっていて
以前から気になってたことがあった。

というのも最初にやったとき、統治の一問目でこけた(間違えた)。

行政権は政府で実現する

という問題。
三権分立のところだったんですけどね。

かなり自信をもって解答したのですが。
何で間違えたか。

「政府」ではなく「内閣」だから×。

これが解説では○でした。

憲法(前文+条文)で「政府」という表現は前文で1箇所使われているだけです。

政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し

その後の条文では行政権に関する事項は全て内閣と表現されています。

第五章 内閣
第六十五条  行政権は、内閣に属する。


どうみても内閣ですよね。。。

この手のニュアンスの違いは、学習していけばわかるだろうと引っかかりながらも先へ。

でですね。
まだ解決していないんです。。。

「政府」が、組織全体をまとめていうのに対して、「内閣」は、それを構成する大臣の総合体としていう。

この観点からいうと、三権分立で行政権を担っているのは「政府」ということになります。
ただ条文にそれが表現されてないんですよね。。。

たぶん出ないんだろうと。
うん。出ないはずだ。

万が一、本番にこの表現が出てきたら。
たぶん「内閣じゃないから×」と判断するんだろうなぁ。

資格試験は些細な部分に気づくと逆に混乱することがありますよね。
こんなところには引っかからず、覚えるべきことを覚えたいと思います。

半年後にまた同じことを書くかもしれません。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-03-18 12:46 | 行政書士試験