2014年 01月 07日 ( 1 )

あけましておめでとうございます

今年初めての記載です。
今年の正月は2日に実家に戻ったくらいで3日から仕事でした。
試験が終わってから本日までの学習時間が48hとは恐ろしい話です。
これでは繰り返してしまう危険が。
3h/日で考えたら16日分しかできていないわけで。

今年は学習時間の配分を試験の配点に案分して割り振ろうと思います。
3h×6日×2週間=36h。
2週間の間に
行政法14h
民法9h
憲法4h
商法3h
社会3h
情報1h
基礎法学1h
文章理解1h
を割り振ります。
行政法は毎日。民法も週に4日はやることになります。
このやり方は賛否両論あるでしょうね。
前回は憲法をしっかりやってから、民法やって、行政法やって。

憲法忘れてて、民法忘れてて。
地方自治法に入った頃は少しパニック状態でした。
初学者ではないですが、基礎ができているわけでもなく。
ただ、今習得したことを11ヶ月先まで忘れずにおくには2週間に最低1hはマイナー教科も読んでおくようにしないとカバーできないと考えました。

今年は3月と7月に仕事で大きなイベントがあるため今の段階からしっかり学習していきたいところです。

本日は行政手続法の届出に関するところまでが終わりました。
新しい発見があったのは§27(不服申し立ての制限)でした。
聴聞の規定に基づいてした処分(§27Ⅰ)と聴聞を経てされた不利益処分(§27Ⅱ)の区別が全くついていないことに気付きました。混同しやすいところは要チェックです。
行政指導と届出は少し飛ばしてやったので、テキストを通して精読しておいたほうが良さそうです。
--------------------------------------------------
本日学習内容  :行政法・文章理解
本日学習時間  :  3h
累計学習時間  : 48h(平成26年度)
--------------------------------------------------

平成26年度行政書士試験まであと306日

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2014-01-07 01:02 | 行政書士試験