民法9

民法9の聴講が終わりました。

これで物権まで通過したことになります。
そろそろ過去問に着手した方がいいとのことなので、
過去問一問一答式の民法総則をやってみました。

結論からいうと、初回にしてはいい感じで解答できました。
まぁ錯覚かもしれません。

入門編にしても過去問集にしても言えることなのですが、何故か問題数などの情報が記載されていません。
独学で学習計画を立てる上で量の把握は大事だと思っています。
購入のときは、問題に対する解説の内容が気に入って購入したのですが、正直なところ1冊が完了するまでの目安時間が見当もつきません。
もちろん、数時間かけて数えればいいのかもしれませんが、そんな時間があるのなら一つでも多くの問題をこなしたほうがいいはずです。

あまり細かく考えることはないのですかね?(笑)

宅建受験のときは1問を2分で解くタイムトライアルを重ねていました。
実は試験会場に時計くらいはあるだろうと思って時計を持参しなかったのですが、会場に時計がなく正直慌てました。
解答を導き出すための手順と時間は大切な要素なのだと思います。

まぁ過去問集一問一答は843ページあり、見開きで5問以上はあると思うので2000問以上はありそうです。
1つの肢を20秒で解いたとしても、解答するだけで11時間強。
いずれは仕上げないといけないので、これも作戦を練る必要がありそうです。
--------------------------------------------------
本日学習内容  :行政書士白熱講義民法9聴講。
本日学習時間  :  3h
累計学習時間  : 65h
--------------------------------------------------

平成25年度行政書士試験まであと230日

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by jabali | 2013-03-26 01:43 | 行政書士試験


<< 民法10(前半) FRIXION BALL >>